健康保険の特徴

2014年3月14日 / 未分類

私たちが日々の暮らしを送る中で、病気や怪我などによって医療機関のお世話になる場面は度々あります。通院や治療などによって私たちは医療機関に対して医療費の一部を負担することになっていますが、残りの医療費については公的な医療保険が負担することになっています。そのため、私たちは医療費に関してあまり負担を感じることなく、医療機関へ出向いて適切な治療を受けることができるのです。
このような公的な医療保険制度は日本という国以外にあまり例はなく、世界でも類を見ない優れた制度として知られています。
公的な医療保険制度にはいくつかの種類があり、それぞれ対象者が異なっています。企業などに所属して働いているような人の場合、その職域によって分類されている被用者保険へ加入することになります。また、自営業者などの組織には所属していない人の場合には国民健康保険へ加入することになっています。
公的な健康保険の加入者は保険料を支払っていくことになりますが、これは国民が負担をし合い、医療の必要な人を助けるという国民皆保険という考えに基づいています。
公的な医療保険制度に加入している人は、基本的には医療費の負担というかたちで医療の提供を受けることになりますが、場合によっては現金の給付が行われるケースもあります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る