健康保険の給付

2014年4月25日 / 未分類

病気やけがになった場合、誰もが健康保険者証を持参します。
持参をしないことには、全額の費用を負担しなければならないからです。
公的な健康保険には、被用者保険と国民健康保険があります。
被用者保険には、サラリーマン・OLが加入する健康保険・船員・公務員等が加入する共済保険がありますが、一般的に被用者保険を指します。国民健康保険の場合は国保といっています。
被用者保険の加入者は、加入者本人だけでなく家族も被扶養者として加入することが出来ます。但し生計維持・同居・非同居・年齢等のチェックを受けることになりますが、国保には無い制度で、国保の場合は一人一人が加入者となります。
保険料に関しましては、健康保険の場合は、給料を等級表に区分し、料率を掛けて保険料を計算します。
家族が増えたからといって、保険料が増えるわけでもなく、減るわけでもなく、同じ保険料です。
これに対し、国民健康保険料の決定は、それぞれの市町村により異なりますが、1年間の収入が基礎となっており、世帯の人数も合算されます。
健康保険と、国民健康保険の病気の場合の給付には、(年齢等で異なります)全く同じです。
健康保険には、出産に対しても支給されますが、国民健康は、任意となっており、多くの市町村では支給されていないようで、健康保険の方が手厚くなっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る