高額療養費

2014年4月25日 / 未分類

高額療養費制度は、一ヶ月にかかる医療費が一定金額を越える自己負担額となったときに、それ以上は自己負担しなくていいという制度です。国民健康保険では居住地の市役所等の国民健康保険の窓口などで申請すれば、すぐにこの証明書を発行してくれます。特に申請に費用は必要ないので、市役所などに行くついでに申請しておいてもよいでしょう。
この制度は、所得に応じて自己負担の限度額が定められており、直近の確定申告、住民税の申告等によりその限度額が決定されます。
この証明書を医療機関に示すことで、月々の医療費を抑制することができますので、入院や手術など高額な医療費の出費が予定される人はこの制度を利用するほうが医療費を安く抑えることができます。
また、医療機関によっては医療費をまず支払ってもらって、後日、保険者に対して受診者側が還付を申し出るという方法の場合もあります。
このように公的な保険制度でもある程度は自己負担を抑えることが可能であることが、一般的にはあまり知られておらず、民間の保険に頼りがちですが、まずはこういった制度があることを知った上で、さらに足りないと考えられる分野に民間の医療保険を考えるなどすれば、月々の民間の保険料をある程度抑えることが可能であると考えられます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る