健康保険の仕組み

 

私たちが病気になった時に、病院で治療を受けることになります。

病院では、医療費の全額を支払うのではなく、自己負担額を支払うことで済みます。

病院は治療に要した費用の総額から患者の自己負担額を差し引いた部分を審査機関を通じて保険者に請求することになります。

 

 

これは私たちが、会社員が加入する保険・自営業者が加入する保険・公務員が加入する保険・船員が加入する保険と、職業により加入する制度が異なっていますが、健康保険に加入しているおり、保険料を納付しているからです。

75歳になりますと、どの制度の加入者も後期高齢者となり、後期高齢者医療制度の対象となります。

制度が違っても受けられるサービスはほとんど同じです。

保険料については、自営業者や、地域住民が加入する保険については、前年の所得により決定されます。

 

 

その他の、会社員・船員・公務員の保険については、給料をランク付けした標準報酬額という表に当てはめたもので決められ、労使折半ですので、保険料は半額納付することで済みます。

この制度の保険では、業務外の疾病・傷病が対象です。

出産手当金や傷病手当金など休職時の所得補償制度があるのが特徴です。

いずれにしろ、この制度のお蔭で病気になっても、安心して治療をすることが出来ます。

家族01

 

 

 

 

 

TOPへ戻る